スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
出産一時金の増額はとてもありがたい。更に医療機関への支払いに当てられるようになるかもしれないという話もあるのはとても心強いのではないだろうか?
後からもらえるよりも出産時にすぐもらえた方が良いに決まっている。首都圏での出産費用の相場は50~60万円なのですから。
検診の費用も出産も保険が適用にならないのはおかしいと思う。是非実施してもらいたい。

舛添要一厚生労働相は22日午前の記者会見で、すべての妊婦検診を無料化し、公的医療保険から給付される「出産一時金」についても増額を検討する方針を明らかにした。財務・総務両省と協議し、来年4月からの実施を目指す。
妊婦検診は妊娠初期から出産までに13~15回受けることが望ましいとされており、政府は最低5回分を公費負担で無料化するのが望ましいと各自治体に通知している。ただ、無料検診の回数は自治体ごとにばらつきがあった。舛添氏は「必要な回数を受けられるよう改革したい」と述べ、妊婦検診を全額公費負担し、必要な約840億円の財源は来年度予算で手当てする考えを示した。
また、出産一時金については、出産後に健康保険組合などに申請すると35万円が支払われる仕組みだが、都市部では出産費用に50万円程度かかることもあることから、全国調査を行った上で地域の実情に応じて増額を検討。一時金が医療機関に直接支払われる仕組みへの見直しも検討する。ただ、出産費用の保険適用については、舛添氏は「長期的な課題としては考えていい」と述べるにとどめた。


頼れる女医さん・助産婦さん100
スポンサーサイト
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。