スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
お産ができる産科、産院が減っていて本当に不便だと思います。妊娠2~3ヶ月で分娩の予約を取らなければいけないとか、そういう話も聞きますよね?
助産院でも産める助産院が減ってしまっています。バックについてくれる提携病院がないとお産ができないのが原因だと思いますが、助産院でお産したいという女性は結構いるんですよね。
なんとかして助産院でのお産がしやすい環境作りをしていったら少しは分娩する場所が増えていいのでは無いでしょうか?産科医療補償制度の発足により分娩をやめてしまった助産院は仕方が無いのかもしれませんが、今まで助産院で赤ちゃんを取り上げてきた人たちと病院とが協力して何か良いシステムが作られる事を願います。

産科医 3割で負担過剰 分娩数、限界に
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090207-00000007-maip-soci
都道府県の医療計画策定の基礎となる2次医療圏のうち、病院勤務医1人が扱う分娩(ぶんべん)数が年150件を超す医療圏が3割を占めることが毎日新聞の調査で分かった。日本産科婦人科学会などは帝王切開などリスクを伴う分娩を受け入れる病院勤務医が無理なく扱えるのは150件程度までとしている。
地域のお産環境が危ういバランスで成り立っている実態がうかがえる。調査は厚生労働省が07年12月時点で集計した355医療圏(兵庫県は周産期医療圏)ごとの分娩数、常勤産科医数を都道府県に照会し、取材を加味してまとめた。有効な数値を得られた287医療圏を分析すると、63%の182医療圏で医師1人当たり分娩数が100件を超え、30%の87医療圏で150件を超えていた。

都道府県別では北海道(7医療圏)▽神奈川県(6医療圏)▽長野県(同)▽愛知県(5医療圏)▽京都府(同)などで、150件を超すケースが目立った。富良野(北海道)、湯沢・雄勝(秋田)の両医療圏は、一つしかない病院の常勤医1人で分娩数が年150件を超えた。
今年1月までの1年間で、経営判断や医師不足などで分娩予約の受け付けを中止したり、産科の休止に至った病院は14府県17カ所に上ることも、今回の調査で分かった。

スポンサーサイト
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。