スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
地域にあった金額でもいいような気もしますが、そうもいかないのでしょうね。
出産した妊婦が窓口でお金を払わなくても済むシステムは大賛成です。
一時金が後払いだと、退院時には自己負担しなければならずお金が必要な時期にはキツイのが現状で、その問題があって子供を産めないという人もかなりいるようですから。

舛添要一厚生労働相が主宰する「出産育児一時金に関する意見交換会」の初会合が27日開かれた。出産育児一時金(全国一律35万円・09年1月から38万円)を拡充したうえで都道府県別の金額にするという舛添氏の提案に対し、日本産科婦人科学会や日本助産師会など関係団体の代表らで構成する委員からは「新たな格差が生まれる」など反対意見が続出。このため、38万円からの一律増を目指すことを確認した。
舛添氏は8月、妊産婦が窓口でお金を払わなくとも出産できるよう健保組合などが医療機関に出産費を直接支払うよう義務づけるとともに、大都市などでは35万円以上かかることを踏まえ、都道府県別に一時金を設定したうえで増額分を税でまかなう案を示していた。headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081127-00000106-mai-pol

スポンサーサイト
スポンサードリンク
出産一時金が3万円増え38万円になるそうです。
出産費用はなぜあんなに高いのでしょうか?ぼったくりな気がしてなりません。
出産にも保険を適用すべきです。
一時金を減らしても保険を適用すれば良いと思うのですが・・・。

 厚生労働省は12日、出産時に赤ちゃん一人当たり35万円が公的医療保険から支給される「出産育児一時金」について、支給額を3万円引き上げ38万円とすることを決めた。来年1月から実施する。同月から、通常の出産でも脳性まひの赤ちゃんが生まれた場合、医師に過失がなくても妊産婦に補償金計3000万円を支払う制度が始まるのに伴い、制度の掛け金を医療機関が負担することで出産費用の上昇が見込まれるため。


[誕生記念][お守り][出産祝い]赤ちゃん誕生、出産記念☆髪を使ったベビーメモリアルペンダント...
スポンサードリンク
妊婦検診の無料化が話題になってぬか喜びをしていた妊婦さんも多いです。
自治体により検診の補助金がでる回数が異なるため、一概には言えないとの事。
全国一律にとは行かないのかもしれませんが、中途半端な情報は流さないで欲しい物です。
一番確実なのは、妊娠する予定のある人、妊娠した人はまず自治体へ問い合わせをして確認する事をオススメします。検診の補助金だけではなく、子育て支援などの情報も自分から積極的に調べた方がお得です。

妊婦健診無料じゃない? 産科医ら火消し躍起
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090702-00000080-san-soci
少子化対策の目玉として昨年秋に打ち上げられた「妊婦健診の無料化」。緊急経済対策に盛り込まれてスタートしたが、多くの地域で“無料”にはなっていないようだ。妊娠中の女性からは「無料だという話だったのに、違うの?」と、落胆の声が上がり、産科医らは「あの『妊婦健診無料化』という表現だけは、やめてほしい」と火消しに躍起になっている。
妊婦健診への助成は従来、5回分計5万円程度だったが、昨年の緊急経済対策で14回分11万3000円程度に拡大された。若い夫婦には、「1回あたり数千円」の健診費負担は大きく、未受診で飛び込み出産する妊婦は産科の悩みの種だったからだ。しかし、助成は拡大されても、多くの地域で無料にはなっていないようだ。理由は複数ある。第1に助成範囲が限られていること。対象は血液検査3回、超音波検査4回、子宮頸(けい)がん検査などを含む「標準的に必要な」検査14回分。主治医によっては、これで収まらないケースも多い。

スポンサードリンク
妊婦だとシートベルトが苦しいらしいんですよね。でも安全には変えられないので付けられる人はなるべくシートベルトを付けるようにするべきです。
指導はするが取り締まりはしない。これは当然でしょう。
大きなおなかで運転する事自体、安全上どうかって事もありますしシートベルトが着用できないような妊婦さんは運転しない方がいいかもしれませんね。

<シートベルト>妊婦にも着用指導へ 警察庁headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080904-00000012-mai-soci
警察庁は、道路交通法施行令でシートベルトの着用義務を免除している妊婦に対して、警察官が着用を指導するよう運用を見直す方針を固めた。自動車の安全運転のマナーを定める交通教則の該当部分も近く改正する。産婦人科医などから「着用しないと事故時に妊婦も胎児も危険が高まる」と指摘があり、見直しを検討していた。指導はするが、取り締まりは行わない方針。
警察庁によると、道交法施行令は妊婦のほか、肥満やけがなど健康保持上の理由がある場合はシートベルトの着用義務を免除している。
妊婦の安全とシートベルトの関係を研究している独協医大の一杉正仁准教授(法医学)は「妊婦がシートベルトを着用していないと、時速十数キロ程度で起きた軽微な事故でも、おなかにハンドルがあたり胎児に影響を与える事故につながる危険がある」と指摘。一杉准教授の調査では、シートベルトの着用で、おなかへの衝撃を未着用時の3分の1に軽減できることも判明した。


【送料無料】アメリカ CC3デザイン社製★足も頭もぽっかぽか!抱っこひも(ベビーキャリー用)...
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。