スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
この記事の最後にも書いてはありますが、不自然に赤ちゃんを快適にする必要はないと思います。
ある程度の不快感やストレスは必要なのではないでしょうか?
おむつに関しては、紙おむつの品質向上によっておむつが不快なものではないということになってしまい、いつまでもいつまでもおむつが取れない子供が増えています。
最近ではプール用おむつなんてものもありますが、プールを楽しむ前にオムツを卒業すべきでは?とも思います。プール用おむつとはいえ、禁止されているプールも多いそうです。当然だとは思いますが・・・。
おむつOKのプールに入りたいと思う人は少ないはずですから。やはり不衛生な気がしてしまいますものね。

適度な不快感とストレスが子供を成長させるような気がしてなりません。
おむつとチャイルドシート離れできない親と子供たち。便利なものにすぐ手を出すのはいかがなものでしょうね。

赤ちゃん快適グッズ続々 ストレス軽減へ新素材活用
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100813-00000520-san-soci
この夏の酷暑は大人にとっても厳しいが、言葉でうまく伝えられない赤ちゃんの不快度も高くなっている。そんな中、少しでも赤ちゃんに快適に過ごしてもらおうと工夫を重ねた商品が評判を呼んでいる。赤ちゃんのきげんが良ければ育児の負担もぐっと減るだろう。そのいくつかを紹介する。
◆おむつ
泣いたり、むずがったりして不快を訴える赤ちゃんのストレスを知ることは、育児のポイントにもなる。岩手大学大学院で生体工学が専門の山口昌樹教授は、ストレスの増大によって人の唾液(だえき)に含まれるアミラーゼ(消化酵素)の活性レベルが上昇することに着目。唾液アミラーゼモニター器を開発し、赤ちゃんのストレスを研究している。山口教授は「モニターでは泣く、むずがる以外に、赤ちゃんのストレスの変化を細かく見られます。言葉で伝えられないストレスの程度が分かります」と話す。生理用品、紙おむつ大手の「ユニ・チャーム」(東京都港区)は、山口教授と共同で、月齢8~11カ月の赤ちゃんを対象におむつ装着直後のストレスとおむつ表面の柔らかさの関連を研究した。その結果、おむつの胴回りの素材を、従来の紙おむつにすると興奮した赤ちゃんが、布に近い柔らかなものにすると逆にリラックスする反応が出た。これは今年6月に開かれた第10回日本赤ちゃん学会でも報告された。これを応用し、同社はおむつの締め付け感を減らし、より柔らかな素材を使った新商品「ムーニーパンツ下着仕立て」を開発、この夏発売した。同社グローバル開発本部のシニアマネージャー、丹治浩之さんがいう。「紙おむつは発売以来、モレないことが最優先でした。今はそれは当たり前で、スレない、ムレないことが求められます。今回、従来品に比べて、2・2倍の伸縮性を持つ新素材を使い、お腹周りを締めるゴムをなくして快適性の向上につなげました」。ゴムを減らしても、素材そのものにストッキングのようなホールド性があるため、「おしっこやウンチをしても下がることはない」(丹治さん)という。
◆チャイルドシート
シートベルトなど自動車安全品大手の「タカタ」(東京都港区)は、新生児から4歳児までのチャイルドシート「takata04(タカタ ゼロヨン)」シリーズの一部に通気性のある新素材を採用。「汗かきの赤ちゃんが乗車中にも快適に過ごせると評判です。安全性を最優先にするのと同時に、快適さが求められています」(広報室)。smartfix(スマートフィックス)など3モデルが昨年3月から1万台以上売れている。
◆肌着
乳幼児が着る一般的な肌着が1千円程度の中、1着5千円を超える最高級品として注目されているのが「シォン シォン ガーゼ」(東京都町田市)のオーガニックガーゼを使ったベビー服だ。同ブランドを立ち上げた須崎祐次さんは「2人の子供がアトピーで悩んだ経験から洋服デザイナーだった妻がより柔らかく、肌にやさしい素材を探して製品化しました。ウェブ上で一昨年暮れから販売を始め一度使った方にはよさを理解してもらっています」と話している。赤ちゃんの快適さを求める取り組みは今後どんどん拡大していくことが予想されるが、山口教授はこうアドバイスする。「赤ちゃんにとっては暑い、寒い、うるさいといった刺激を感じることも必要だ。全体の生活リズムを整えた中で、ストレスを減らしてほしい」

スポンサーサイト
スポンサードリンク
妊娠初期と臨月は毎週妊婦健診があるし、面倒だなと思うけれど、
やはり赤ちゃんを健康に産んであげるためには必要なのだろうと思い通院しました。
これが出来ない人はわけありの妊婦さんが多いのでしょうね。
金銭的に難しいとしても、調べたら補助金とかでなんとかなるだろうし
産婦人科に一度も行かずに出産をするなんて・・・やはり無責任としか言えませんよね。

「妊婦健診の未受診は虐待リスクが高い」大阪産婦人科医会が報告書
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110610-00000501-san-soci
妊婦健診をほとんど受けずに出産するケースについて、平成22年の大阪府内の状況を調査した大阪産婦人科医会が「乳幼児虐待につながるリスクが高い」とする報告書をまとめ、9日発表した。未受診を胎児に対する虐待ととらえる一方、未受診の女性自身が虐待や家庭内暴力の被害者だったケースも多いといい、同医会は児童相談所の迅速な介入を求めている。

 調査は、大阪府内で分娩を取り扱う約160施設を対象に実施。妊婦健診の受診回数が3回以下か、最終受診から3カ月以上受診していなかった22年中の未受診妊婦148人のケースを調べた。妊婦の年齢は15歳~44歳で、平均28・6歳、未成年は22人で、40%が初産、69%が未婚だった。

 調査の結果、子供の26%は低体重で生まれ、27%は何らかの合併症で新生児集中治療室に入院。死産も4例あった。適切な健診や医療で防げたケースもあり、報告書は未受診を「胎児虐待」と捉えるべきと指摘している。

 また、児童虐待を受けて育った妊婦が7人、家庭内暴力の被害者という妊婦が8人いた。妊婦の96%、パートナーの82%は無職か非正規雇用で、生活保護受給率は38%に達した。11人に精神疾患があり、7人が薬物依存症だった。こうした未受診妊婦の家庭・成育環境は、児童虐待が起こる家庭と類似しているという。

 妊婦健診は、出産までに14回程度受けることが望ましいとされる。

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。