スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
地域にあった金額でもいいような気もしますが、そうもいかないのでしょうね。
出産した妊婦が窓口でお金を払わなくても済むシステムは大賛成です。
一時金が後払いだと、退院時には自己負担しなければならずお金が必要な時期にはキツイのが現状で、その問題があって子供を産めないという人もかなりいるようですから。

舛添要一厚生労働相が主宰する「出産育児一時金に関する意見交換会」の初会合が27日開かれた。出産育児一時金(全国一律35万円・09年1月から38万円)を拡充したうえで都道府県別の金額にするという舛添氏の提案に対し、日本産科婦人科学会や日本助産師会など関係団体の代表らで構成する委員からは「新たな格差が生まれる」など反対意見が続出。このため、38万円からの一律増を目指すことを確認した。
舛添氏は8月、妊産婦が窓口でお金を払わなくとも出産できるよう健保組合などが医療機関に出産費を直接支払うよう義務づけるとともに、大都市などでは35万円以上かかることを踏まえ、都道府県別に一時金を設定したうえで増額分を税でまかなう案を示していた。headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081127-00000106-mai-pol

スポンサードリンク
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。