スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
子供は決まった時間に寝かしつけないといけないという事ですね。
眠い時に寝させるような野放しではいけない。睡眠のリズムを大人とは違った利用的なパターンで習慣づけさせるよう努力しなければいけませんね。
しかし、4分の3もの子供達が11時過ぎまで起きているとは驚きです。
きっと朝も遅くに起きるのでしょうね。昼間外でモリモリ遊ばせてクタクタにさせないといけないのでしょう。

深夜の飲食店や電車などで、幼児を連れた親の姿を見かけることがないだろうか。大人とともに、幼児の生活も深夜にずれ込むことは、睡眠に悪影響を与える。幼児期にきちんとした睡眠、覚醒(かくせい)のリズムを作ることは、健やかな成長に不可欠だ。和洋女子大学(千葉県市川市)の鈴木みゆき教授(人間発達学)に、幼児に十分な睡眠をとらせて生活習慣をただすポイントを聞いた。・・・
鈴木教授は「ヒトはもともと昼行性の動物。朝に覚醒し、夜に睡眠をとるというリズムを保つ中で、成長に必要不可欠なホルモンが分泌される」と指摘する。
具体的には、老化を防ぎ、抗酸化作用のあるホルモンの「メラトニン」は、生涯のうちで1~5歳児のころに最も多く分泌される。寝付きやすくするためにも必要なホルモンだ。だが、周囲が暗くなってからでないとメラトニンは分泌されないため、夜間に電灯をつけて部屋を明るくし過ぎるのは禁物だ。
体の発達に不可欠な「成長ホルモン」は、午前0時ごろをピークに、寝ている間によく分泌される。「寝る子は育つ」とよく言われるのには、科学的な根拠があるわけだ。このほか、神経伝達物質のセロトニンは、起床後に分泌が活発になり、気分を穏やかにする効果などがあるが、睡眠のリズムに左右されやすい。「イライラしたり、機嫌が治りにくかったりする子供や、すぐにキレやすい子供は、睡眠のリズムが不規則になっていないか調べてみるといい」・・・
「子供は自然に寝付くと考えるのは誤りだ。意識的な『しつけ』として寝かしつけることが必要」と勧める。そして、「幼児には『食』など他の生活習慣と同様に睡眠、覚醒のリズムをしっかりしつけることが肝心で、自然に任せても習慣付けはできない」と注意を促す。対策としては、まず親が決まった時間に子供を寝かしつけることを決意すること。そしてスムーズな入眠のため、布団に入ったら本を1冊読んであげたり、ぬいぐるみなどのお気に入りのグッズを布団に持ち込ませてあげたりするなど、「毎晩寝るための『儀式』を決めておくと、入眠モードに入りやすい」とアドバイスしている。
寝る子は育つ 正しい睡眠法 親のしつけで覚醒リズム作ってheadlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090127-00000519-san-soci


爽やかな目覚めと自然な眠りを。睡眠ケア目覚しランプ&時計。サンライズクロック
■ふわふわあったか 赤ちゃんもぐっすり!ベビー羽毛布団セット【送料無料】
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。