スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
妊婦検診の無料化が話題になってぬか喜びをしていた妊婦さんも多いです。
自治体により検診の補助金がでる回数が異なるため、一概には言えないとの事。
全国一律にとは行かないのかもしれませんが、中途半端な情報は流さないで欲しい物です。
一番確実なのは、妊娠する予定のある人、妊娠した人はまず自治体へ問い合わせをして確認する事をオススメします。検診の補助金だけではなく、子育て支援などの情報も自分から積極的に調べた方がお得です。

妊婦健診無料じゃない? 産科医ら火消し躍起
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090702-00000080-san-soci
少子化対策の目玉として昨年秋に打ち上げられた「妊婦健診の無料化」。緊急経済対策に盛り込まれてスタートしたが、多くの地域で“無料”にはなっていないようだ。妊娠中の女性からは「無料だという話だったのに、違うの?」と、落胆の声が上がり、産科医らは「あの『妊婦健診無料化』という表現だけは、やめてほしい」と火消しに躍起になっている。
妊婦健診への助成は従来、5回分計5万円程度だったが、昨年の緊急経済対策で14回分11万3000円程度に拡大された。若い夫婦には、「1回あたり数千円」の健診費負担は大きく、未受診で飛び込み出産する妊婦は産科の悩みの種だったからだ。しかし、助成は拡大されても、多くの地域で無料にはなっていないようだ。理由は複数ある。第1に助成範囲が限られていること。対象は血液検査3回、超音波検査4回、子宮頸(けい)がん検査などを含む「標準的に必要な」検査14回分。主治医によっては、これで収まらないケースも多い。

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。