スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
今までは妊婦はインフルエンザのワクチン注射は避けたほうが良いといわれていましたが、今回はワクチンの接種をした方が良いという。
実際、新型インフルエンザに感染する危険を避けたい気持ちはあても妊娠中にワクチンを接種することへの不安を拭いきれない妊婦さんも多い。
本当に安全なのか??100%の保証がほしい所ですね。

妊婦と持病のある人への新型インフルエンザワクチンの接種が週明けから本格化する。岐阜、和歌山、山口の3県では10月30日からスタートしているが、厚生労働省によると、2日には17県で接種が始まる。開始時期が未定の自治体も残るが、ほとんどが11月中に始められる見通しだ。
新型用ワクチンの接種は、最優先の医療従事者が10月19日から始まった。一般では重症化のリスクが高い持病のある人と妊婦が最優先される。当面はワクチンの供給量が限られるため、持病のある人の中でも小児や入院患者を優先する自治体が多い。
厚労省のまとめによると、2日に接種を開始するのは千葉や新潟など。次いで4日には岡山や香川、鹿児島の3県で始まり、16日までにはほとんどの都道府県で接種が行われる予定という。
ワクチンの接種回数について厚労省は原則2回としている。しかし、医療従事者は1回でも効果があると判断されたため、2回目に使われるはずだったワクチン約100万回分は、各自治体の判断で持病のある人や13歳未満の小児などの接種時期を早めるために使われる。www.iza.ne.jp/news/newsarticle/living/health/319217/

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。