スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
葉酸を摂れと言ったり、摂り過ぎるなと言ったり・・・
分かりにくいですよね。
まぁこの記事を読む限り、サプリに頼りすぎず野菜などから上手に葉酸を摂取するようにした方が良さそうです。
妊婦さんはいろんなことに気をつけなくちゃいけないから大変だけど、食事は最も大事な事ですからね。
食生活をしっかりと見直していく必要があるでしょう。
産婦人科などで栄養士の人に相談したりしながら日々の献立を考えていくと安心ですね。

葉酸取りすぎ、妊婦は注意…胎児に悪影響の可能性もhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110818-00000301-yomidr-soci
妊婦に勧められているビタミンの一つ葉酸の摂取について、時期と量を適切にするよう研究者らが呼びかけている。サプリメントから取る人は多いが、過剰に取ると胎児に悪影響を及ぼす可能性が指摘されている。食事以外に、1日1ミリ・グラムを超えないよう注意し、医師や管理栄養士にも相談したい。

 厚生労働省は、葉酸について、妊娠が予定される女性は妊娠の1か月以上前から妊娠3か月までの間、通常の食事から摂取する以外に、1日400マイクロ・グラム(1マイクロ・グラムは100万分の1グラム)摂取するよう推奨している。

 まず、適切な時期に摂取することが大切だ。

 独立行政法人国立健康・栄養研究所が2010年1月~11月に行った調査(妊婦1097人が回答)では、815人が何らかのサプリメントを利用し、うち約8割が利用中。サプリメントの成分は葉酸が765人(複数回答)で最多だった。回答者の9割は妊娠4か月以降であることから、妊娠4か月以降も葉酸サプリメントを利用する妊婦が多いと見られるという。

 摂取量にも注意が必要となる。厚労省は、通常の食事以外に、シリアルなどの加工食品やサプリメントで取る葉酸の1日の上限量を1ミリ・グラム(1000マイクロ・グラム)と定めている。また通知で、関係者にこの点を情報提供するよう求めている。

 同研究所によると、葉酸を取りすぎた場合、自身が発熱やじんましんなどを起こしたり、生まれた子どもがぜんそくになったりするリスクが報告されている。

 同研究所情報センター長の梅垣敬三さんは「サプリメントは特定の成分を濃縮したもの。通常の食品のように満腹になることがなく、気がつかないうちに必要量をオーバーして摂取してしまうことがある」と指摘する。

 国民生活センターは今年1~4月、葉酸を摂取できるとうたったサプリメント26銘柄について葉酸含有量や表示を調べた。含有量の表示はおおむね適正だったが、上限量について具体的な記載をした銘柄はなかった。センターは5月、事業者に対し表示の改善を要望、一部事業者が応じた。

 同研究所は、パンフレットやホームページ(http://hfnet.nih.go.jp/usr/kiso/pamphlet/pregnant.pdf)で、妊娠中のサプリメントや葉酸の摂取について解説している。

 梅垣さんは「できるだけ通常の食材や、葉酸含有量表示のあるシリアルなどの加工食品から摂取してほしい。サプリメントを利用したいときは1日1ミリ・グラムを超えないようにするとともに、医師や管理栄養士に相談して」と話す。

 ■葉酸 胎児の正常な発育に必要とされるビタミンの一つ。ホウレンソウやブロッコリーなどに多く含まれる。食材に含まれる「食事性葉酸」と、シリアルなどの加工食品やサプリメントに添加される「モノグルタミン酸型の葉酸」の2種類がある。モノグルタミン酸型は、体内で利用される効率が高い。

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。