スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
最近、子供達がゲホゲホと咳き込みながら歩いているのを街で見かけるけれど、
もしかしたらこれなのかもしれませんね。マイコプラズマ肺炎。
子供達は無頓着にマスクもせず、押さえもせず、ゲホゲホするので、
悪気なく、ばい菌を撒き散らしている・・・恐ろしいですね。
特に妊婦さんはマスクや手洗いなどで自己防衛をしないと危険かもしれません。
妊娠中の激しい咳は苦しいし、本当に辛いものです。
体験済みなのでよ~~~~くわかります。流産するかと心配になったほどでしたから。
子供を置いて外出できない親の都合も分かりますが、せめてマスクの着用をすべきです。

人が集まるような場所には極力行かない方が良い季節になってしまったのが残念です。

マイコプラズマ肺炎が大流行 過去最高、8割は子ども
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121031-00000003-asahi-soci
子どもの感染が多いマイコプラズマ肺炎の流行がおさまらない。今年は大流行だった昨年1年間の患者数をすでに超え、過去最高を記録。例年は、12月から1月ごろにかけてピークを迎えるため、専門家は注意を呼びかけている。
 マイコプラズマ肺炎は患者のくしゃみやせきを通して感染する。患者の8割が子どもで、保育園や学校など子どもが多く集まる施設で広まる。熱や頭痛などに加え熱が下がった後もせきが約1カ月続くのが特徴。重い肺炎にかかることもある。
 昨年は統計のある1999年以降で患者数が最多で、その状況が続いたまま今年も高水準で流行している。国立感染症研究所感染症情報センターによると、全国の指定医療機関から報告された患者数は最新の1週間(10月15~21日)に600人。これまでに計1万7949人の感染報告があり、昨年1年間の報告人数を1293人上回った。
 大流行の理由について、感染研の見理(けんり)剛氏は「従来の薬が効かない耐性菌に感染する患者が増えていることが影響している可能性がある」と指摘する。感染研が今年2月に5府県約30人の入院患者が感染した菌を調べたところ、8割が耐性菌だった。ただ、耐性菌が少ない海外でも流行が見られるため明らかな原因かどうかは分かっていない。
 耐性菌で発症した場合でも、従来の薬を飲めば熱は2日程度長引くが、効果はあるという。耐性菌に効く薬もあるが副作用が強い。予防策は風邪やインフルエンザと同じでマスクの着用や手洗いが有効だという。

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。